高橋一生の鼻の傷跡は粉瘤の手術痕だった!傷跡が目立たなくなった理由はメイク技術の発達が関係していた!?

Pocket

ドラマ「民王」で大ブレイクを果たし、
俳優として活躍している高橋一生さん。

その甘いマスクで女性を中心に
大きな人気を集めていますね!

 

そんな高橋一生さんですが、
鼻にある傷跡が話題になっています。

そこで今回は、
高橋一生さんの鼻について、
詳しくまとめていきます!

高橋一生の鼻の傷跡はどんなもの?

冒頭でもお伝えしましたが、
高橋一生さんの鼻の傷跡はどんなものでしょうか?

 

まずは以下の画像をご覧下さい。

 

丸で囲った部分が鼻の傷跡になり、
何かの手術痕のように見えますね。

 

鼻の傷跡となると整形の可能性もありますが、
写真を見る限り整形ではなさそうですね!

高橋一生の鼻の傷跡はいつできた?

高橋一生さんに鼻の傷跡があると分かりましたが、
上記の写真の鼻の傷跡はいつできたのでしょうか?

 

これに関しては、高橋一生さんがほぼ活動休止を
していた2008年~2010年にできたようです!

ここで以下の画像をご覧下さい。

 

これは活動休止前に出演したドラマなのですが、
丸で囲った部分におできがあるのを確認できます。

 

そして、活動休止明けの高橋一生さんをご覧下さい。

おできが傷跡になっていることが確認できます。

 

高橋一生さんはイケメンですから
注視しなければそこまで気になりませんが、
傷跡ができた理由が何かは気になりますね。

 

高橋一生の鼻の傷跡の原因は何?

ほぼ活動休止をしていた時期に
鼻の傷跡ができた高橋一生さんですが、
その原因は一体どんな理由なのでしょうか?

 

実は、以前トークイベントに出演した際に
「できものが大きくなり、手術をした」と
鼻の傷跡について本人が語っていました!

このできものは「粉瘤(ふんりゅう)」といい、
すぐに手術をする必要がある状況だったようです。

 

また、元カノとの喧嘩が原因ではないかと
噂されていましたが、本人が粉瘤の手術痕と
発言してますから、噂に過ぎないと分かります!

俳優としてブレイクし始めた矢先、
鼻に傷跡が残る手術をするというのは、
本人としても苦渋の決断だったと思います。

 

高橋一生の鼻の傷跡が目立たなくなった理由は?

粉瘤の手術で鼻に傷跡ができたとのことでしたが、
最近は鼻の傷跡が目立たなくなってきています!

ここで以下の画像をご覧下さい。

鼻の傷跡がかなり綺麗になってますが、
なぜ目立たなくなったのでしょうか?

 

これについては、
メイク技術の発達が理由だと思われます!

移植手術の噂もありますが、ブレイクの時期と
目立たなくなった時期が重なっていたことから、
長い休みが必要な移植手術ではないと分かります!

 

また、移植手術をしたのであれば、
粉瘤の手術の時と同じように何かしらの
イベントの際にそのことを語るはずですね!

鼻の手術を決断し、自分のファンに向けて
それを公表する程ファン思いな方ですから、
移植手術はしていないと分かりますね!

 

高橋一生の鼻についての世間の反応は?

さて、高橋一生さんの鼻の傷跡は
粉瘤の手術痕とのことでしたが、

高橋一生さんの鼻の傷跡について、
世間ではどのような反応があるのでしょうか?

 

ここからは世間の反応について
注目して見ていこうと思います!

 

鼻の傷があってもイケメンに変わりないですね!

 

最近は鼻の傷が目立たなくなっており、
手術痕が見えなくなるほど綺麗ですね!

 

本人が粉瘤の手術痕だと発言していますが、
整形だと勘違いする人は多いようです!

 

このように、高橋一生さんの鼻の傷が
目立たなくなったという意見や傷があっても
イケメンだと話題になっているようですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は高橋一生さんの鼻について
詳しくまとめていきました。

 

高橋一生さんの鼻の傷跡は
粉瘤の手術痕とのことでした!

また、鼻の傷跡が目立たなくなってきていますが、
それについてはメイク技術の発達が理由だと思います!

 

高橋一生さんの今後の動向については、
更に注目していこうと思います!