ゆうこすの年収は億越え!?美容系インフルエンサーとしてかなり稼いでいた!

Pocket

ゆこうすこと菅本裕子さんは元アイドルで、
現在はモテクリエイターとして活動しています。

そんなゆうこすさんですが、
美容系インフルエンサーとして

かなり稼いでいるとの噂がありますが、
一体年収はいくらなのでしょうか?

 

そこで今回は、
ゆうこすさんの年収について
詳しくまとめていきます。

ゆうこすの年収はいくら?

冒頭でも少し触れましたが、
ゆうこすさんの年収はいくらなのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、
ゆうこすさんの年収は、
1億円を超えると明らかになっています。

ここで以下の投稿をご覧ください。

 

2019年2月に放送された
「有田哲平の夢なら醒めないで」で、
月収が1000万以上だと話しています。

 

20代半ばと若い年齢でありながら、
年収1億円超えとはすごいですね。

どのような収入源があるのでしょうか?

 

ゆうこすの年収の内訳は?

ゆうこすさんの年収の内訳は何なのでしょうか?

収入源をみていきましょう。

年収の内訳①:YouTubeの広告収入

ゆうこすさんの収入源の1つ目は、
YouTubeの広告収入です。

 

ゆうこすさんの公式チャンネルである
「ゆうこすモテちゃんねる」は、
登録者が80万人を超える人気チャンネルです。

月に9回ほど動画を投稿しており、
100万回再生を超えているものも多数あります。

 

投稿頻度や再生回数を踏まえると、
月に500万円を超える収益があると予想できます。

YouTubeの収益だけでも、
月に500万円を超えているのですね。

 

ゆうこすさんのYouTube動画は、
為になるメイク動画が多く、
女性にとても人気な理由がわかりますね。

年収の内訳②:プロデュース業

ゆうこすさんの収入源の2つ目は、
プロデュース業です。

 

ゆうこすさんは美容に関する
プロデュース業に力を入れています。

スキンケアブランド「YOAN」、
ルームウエアブランド「REVEYU(レブユー)」、
「La Protein」、カラコンなどを手掛けています。

 

また、YouTubeやInstagramで、
プロデュースした商品を紹介しており、
多くのファンがその商品を愛用しているようです。

これがゆうこすさんの大きな収入源となっており、
5000万円は超えているのではないでしょうか。

 

ゆうこすさんはYouTubeの登録者数が80万人、
Instagramのフォロワー数が50万おり、
たくさんの方が購入していることでしょう。

年収の内訳③:インフルエンサーとしての企業案件

ゆうこすさんの収入源の3つ目は、
インフルエンサーとしての企業案件です。

 

ゆうこすさんは、
YouTubeやInstagramで
企業に頼まれた商品を紹介しています。

推定にはなりますが、
企業案件の収益は、
年に1000万円を超えると思われます。

 

企業案件の収益は、
人によってバラつきがあるようですね。

ゆうこすさんの場合、
YouTubeもInstagramも登録者数、

フォロワー数が大変多いため、
高額になることが予想されますね。

年収の内訳④:本の印税

ゆうこすさんの収入源の4つ目は、
本の印税です。

 

印税は約10%と言われており、
1万冊売れたとしても100万円程度しか
手元に残らないといいます。

とは言っても、ゆうこすさんは
今までに5冊程度出しているので、
かなりの収入源になっていると思われます。

 

本の印税は10%と低いのですね。

しかし、出版したそれぞれの本が1万冊
売れていると仮定したら、本の印税だけで
500万円の収益があることになりますね。

 

ゆうこすの年収についての世間の反応は?

さて、ゆうこすさんの年収は、
1億円を超えるということですが、

ゆうこすさんの年収について
世間ではどのような反応があるのでしょうか?

 

ここからは、世間の反応
注目してみていこうと思います。

 

ゆうこすさんはアイドル時代から
年収が100倍になったのですね。

100倍の年収になったことには
きっと本人も驚いたことでしょう。

 

ゆうこすさんが年収1億円を超えていることに
驚く方がたくさんいるようですね。

やはり、若いにも関わらず、
ここまで稼いでいるというのは驚きますよね。

 

ゆうこすさんはどんどん人気が増しているので、
年収も比例して上がっているでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ゆうこすさんの年収について
詳しくまとめていきました。

 

ゆうこすさんは、年収1億円を
超えていることが分かりましたね。

幅広く活動しており、YouTube、
プロデュース業、企業案件、
本の印税の収入源があるのですね。

 

ゆうこすさんについては、
今後も注目していこうと思います!