上白石萌音の父親の職業は中学校教師!名門ラサール学園の教師というのは本当!?

Pocket

女優や歌手として幅広い分野で
活動している上白石萌音さん。

妹の上白石萌歌さんも芸能活動をしており、
姉妹で揃って活躍されていますね。

 

そんな上白石萌音さんですが、
父親は誰なのでしょうか?

芸能界に関わりがあるのか、
どんな人なのか気になりますね。

そこで今回は、
上白石萌音さんの父親について
詳しくまとめていきます。

上白石萌音の父親は誰?どんな人?

冒頭でも少し触れましたが、
上白石萌音さんの父親は誰なのでしょうか?

 

実は、父親は中学校教師をされており、
名前は上白石修さんと明らかになっています。

ここで以下の投稿をご覧ください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

2011年1月11日に放送された
「とくダネ!」の番組内で、

上白石姉妹を特集したコーナーに
ご両親が出演されていたことで判明しました。

 

ご両親もテレビ番組への出演経験があるのですね。

上白石萌音の父親の職業は?

上白石萌音さんの父親の職業は、
何なのでしょうか?

 

上白石萌音さんの父親は、
中学校で社会科の教師を勤めており、
遠隔授業などの研究を行っているようです。

1999年には、
「第15回日本教育工学会全国大会」にて
研究奨励賞を受賞されているエリートです。

 

また、鹿児島の名門「ラサール学園」の
先生ではないかという噂もありますが、

論文を発表した当時は上白石萌音の実家のある、
鹿児島県串木野市立羽島中学校の教諭として
勤務されていたようです。

 

おそらくエリートな教師ということから、
ラサール学園の教師説が浮上したのでしょう。

教師を辞めたとの情報がないため、
現在も教師として働いている可能性が高いですね。

 

上白石萌音は父親とメキシコに住んでいた?

上白石萌音さんは、父親とメキシコに
住んでいたとの情報がありますが、
これは本当なのでしょうか?

 

上白石萌音さんの家族は、
父親が文部科学省から派遣され、
メキシコの学校に赴任しました。

期間は2006年から2008年までの3年間で、
メキシコにある日本人学校にて
日本語を教えていたそうです。

 

メキシコは人と関わることを大切にする国で、
上白石萌音さんの性格に大きな影響を及ぼしたようです。

今の明るく元気な上白石萌音さんは、
メキシコに住んでいたおかげなのですね。

 

上白石萌音と父親の親子仲は?

上白石萌音さんと父親の親子仲は、
どうなのでしょうか?

 

「恋はつづくよどこまでも」は、
キスシーンが多いと話題になったドラマですが、

キスシーンが多い回の3日後くらいに
父親から連絡がきたことを告白していました。

 

娘のキスシーンに困惑してメールを送るほどなので、
親子仲の良さが伝わってきますね。

 

お父さんは、娘さんの出演しているドラマを見ており、
ドラマについてメールを送ってくるなんて、
とても仲良しなのでしょう。

 

上白石萌音の父親に対しての世間の反応は?

さて、上白石萌音さんの父親は、
社会科の教師とのことですが、

上白石萌音さんの父親について
世間ではどのような反応があるのでしょうか?

ここからは、世間の反応
注目してみていこうと思います。

 

上白石萌音さんのお父さんは、
自慢の娘である上白石萌歌さん、
上白石萌音さんが人気女優として

活躍していることをとても喜んでおり、
誇りに思っていることでしょう。

 

上白石萌音さんの父親は、
社会科の先生ですが、
体育も教えていたことがあるのですね。

 

上白石萌音さんのお父さんが、
娘のキスシーンに困惑しているという
エピソードは可愛らしいですね。

それだけ上白石萌音さんのことが
大好きなのでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、上白石萌音さんの父親について
詳しくまとめていきました。

 

上白石萌音さんの父親は、
中学校で社会科の教師をしていることが
分かりましたね。

上白石萌音さんとは、
とても仲が良いようで素敵な親子ですね。

 

上白石萌音さんについては、
今後も注目していこうと思います!